初めて障害年金を
請求される方へ

初めて障害年金を請求される方へ

 ご本人・ご家族に時間的な余裕が無い場合や、病院の相談員などの援助を受けられない場合は、最初から社会保険労務士に依頼された方が無難です。時間に余裕がある方や相談員などの援助を受けられる方は、独力で請求されても良いですが、必ず、基本的な知識を得てから請求の準備にとりかかって下さい。障害年金は、あなたが思っているほど簡単な請求ではありません。要件を満たさなければ、どんなに障害が重くても1円たりとも支給されませんし、障害の程度によっても請求の仕方によっても、年金額が変わります。

社会保険労務士を勧める理由

 社会保険労務士を勧める理由は、社会保険労務士の報酬が成功報酬を主にしているからです。あなたの年金が多くなればなるほど、社会保険労務士の報酬も多くなるので、あなたが有利になるよう努力することになります。また、多くの社会保険労務士は損害賠償責任保険に加入しています。社会保険労務士のミスによって、年金が支給されない場合などは、損害が補填されることになります。

 まずは、日本年金機構のパンフ(PDFファイル)を一読下さい。

 共済年金の方は、H25版年金機構パンフ

などのページを一読下さい。仕組み自体は、どの共済も同じです。

 これらで、物足りないと感じられたら、障害年金の受給ガイドの購読をお勧めしますが、あくまでも、無料で情報収集ということであれば、社会保険労務士の無料相談などを利用されると良いでしょう。
 多くの社会保険労務士が障害年金の請求代行を業務にしています。コンサルタント会社の支援を受ける社会保険労務士も増えています。どの社会保険労務士が良いのかは一概に言えませんが、『無料相談』ということなら、それで、何かが決することはありませんので、どの社会保険労務士であっても大差ないでしょう。わかり易いか、親切かといった程度の差です。複数の社会保険労務士の無料相談を受けても良いでしょう。ただ、気をつけたいのが、『無料相談』後に『着手金無料』とのことで安易に依頼(契約)してしまうことです。あくまでも『着手金』が無料なのであって、解約する場合は、当然、解約料や違約金がかかります。
 複数の社会保険労務士の無料相談は可能ですが、同一の社会保険労務士の複数回の無料相談というのは、無いものと思って下さい。

 キャンペーンを常時行う熱心な社会保険労務士もいます。「障害年金 キャンペーン実施中」で検索されると、熱心な先生が多数見つかります。キャンペーン期間中であっても、途中で依頼を断れば、当然、解約料・違約金などが発生します。解約料・違約金が無料になるキャンペーンは、絶対に存在しません。

カスタム検索

無料相談のお勧め

 無料相談のお勧めは、NPO法人障害年金支援ネットワークです。無料相談がメインのNPO法人です。無料相談の回数に制限はありませんし、匿名での相談もお受けしています。障害年金支援ネットワークは請求代行を行いませんが、請求代行を希望される人には、社会保険労務士を紹介しています。

 この仕組みを、社会保険労務士法違反だと言う人が、少数ですが存在します。障害年金の無料相談、特に匿名での複数回の無料相談をメインにされると困る人たちかも知れません。社会保険労務士を紹介していることを問題視する人もいます。これも、障害年金支援ネットワークが社会保険労務士を紹介すると困る人たちだと思われます。
 障害年金支援ネットワークの社会保険労務士は、高額な報酬をとっていると言う噂を聞いたことがあります。私は障害年金支援ネットワークの会員ですが、他の会員の報酬額を知りません。高額な人もおれば低額な人もいるでしょう。障害年金支援ネットワークが紹介する社会保険労務士は、コンサルタント会社の支援を受けていませんので、業務の進め方も報酬も様々です。

このページのTOPへ